Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加

海外ホームステイ 体験談

一般的な観光旅行では味わうことのできない、現地に溶け込んだ人との触れ合い、肌で感じる文化、リアルな生活。不安や驚きと共にそれらを吸収してきた体験者がつづる、異文化体験の声をお届けします。

タイ ボランティア&ホームステイ体験談

旅人 K.Mさん(女性)
準備しておけば
よかったもの
インスタント日本食
2週間滞在しました、ホームステイ先のご家族もとても親切で、自分のことは自分でやろうと思っていたのですが結局いろいろやってもらってしまいました。施設の子供たちはとても元気で笑顔が本当に可愛くって毎日が楽しかったです。現地の係員に近くの小学校にもつれていってもらいました、子供たちとの思い出や近所の子供たちとも遊んだこと一生忘れません。また、ぜひタイに行きたいと思っています


インド ボランティアとバラナシツアーを体験

旅人 Y.Kさん(女性)
準備しておけば
よかったもの
特になし
夜行列車に一人で乗るのはインドの旅の中で、一番不安な事でしたが、特に危険な事もなく楽しめました。 列車の中の風景をただ見ているだけでも楽しいです。ベッドに絨毯を敷いてイスラム教のお祈りをする人、チャイやお菓子を売りにくるおじさん、インドの音楽を携帯で鳴らし聞かせてくる若者など見ていて飽きません。また、一面に広がる農村地帯の風景も見所です。 ただ、列車の中はエアコンが利いていてかなり寒いので、羽織るものを用意しておくと良いです。また、スリが全くないとは言いきれないので注意が必要です。南京錠やチェーンを用意し、上の段のベッドのチケットを予約しておくと安心して眠れると思います。 そして、バラナシと言えばやはりガンガーです。早朝ボートに乗るのは欠かせないと思います。まだ日が昇っていない時間でも、ガートは沐浴をしにきたインド人で混み合っています。一方で、ガートへ続く道に列をなして座っている物乞いの人々。こんな風景はインドの特徴でもあり、受け止めるべき現実だと感じました。ボートに乗っていると、見えてくる煙は火葬場です。朝日が昇る空まで煙が高く昇っているからなのか、暗い印象は受けず、不思議な空間でした。 ガンガーでは毎晩、セレモニーをやっています。夜のセレモニーは音楽が鳴り響き、朝とは違ったガンガーを見る事ができるのでお薦めです。 バラナシでは、ガンガーだけでなくサールナートといった見所もあります。また、道を歩いていると野良牛にも何度も出会いました。 バラナシでは、コルカタとはまた違ったインドの一面を見る事ができ、楽しむことができました。


ベトナム ボランティア&ホームステイ体験談

旅人 K.Kさん(女性)
準備しておけば
よかったもの
特にはないです。
急に決まったベトナム訪問でしたが、とても充実した時を過ごせました。
ベトナムは思った以上にパワフルな街で、はじめはちょっぴりよそよそしかった、ベトナムの人達も慣れてくるととてもフレンドリーで、もう少し長く滞在していたらもっとはまっていたように思います。
施設で出会った、ハンディキャップをもった子供達も笑顔がとても素敵でした。乳幼児もたくさんいましたが、たくさんの愛に囲まれているせいか、とってもいい笑顔だったのが印象的でした。ただ、多くのハンディキャップの原因が枯葉剤の影響だということで戦争の傷跡を実感させられました。戦争を知らない子供達にまで、影響が出ている現実、それでも前向きに生き、明るく夢を語る姿が街にも出会った人々にも見られ逆に元気をもらった気がします。帰りたい場所がひとつ増えました。また帰りたい。


タイ式マッサージを習う 体験談

旅人 F.Oさん(女性)
準備しておけば
よかったもの
特になし。
仕事の休みを利用し、自分のスキルアップの為にタイ古式マッサージ第1コースに参加しました。朝から夕方まで充実した内容で、5日間という短期間に技術が身についたと思います。先生をはじめ、各国から同じ目的を持った人たちと交流がもてたことは大変良かったです。
私はエステの仕事をしていますが、このプログラムに参加したことで、お客様からマッサージの腕が上がったねと言われるようになり、参加して本当に良かったと思います。


インド(コルカタ)ボランティア施設で働く 体験談

旅人 Y.Aさん(男性)
準備しておけば
よかったもの
トイレットペーパー ポケットティッシュ うが い薬 きず薬 ハンドクリーム
短期間ですがとても有意義な旅でした。海外旅行の経験もほとんどなく、しかも 一人旅は初めて。コルカタ空港の外に出るまでは不安でいっぱいで、なんでイン ドなんか来ちゃったのだろうって思っていました。空港を出た瞬間圧倒的な人だかり。街 で行きかう人々、路上で生活している人々みんな必死に生きている。まさにカル チャーショックでした。
ボランティア活動はハンディキャップがあったり、身寄りのない子がいる「ダヤ ダン」という施設を中心にお手伝いをしました。手洗いで洗濯したり、子供達を お風呂に入れたり、ベットのシーツを替えたりしていました。
ボランティアは初めてでしたが、この子達の為に何ができるか、自分は何をする べきか、自己を振替える意味でも良い経験でした。今回行けなかったカリガート へ次回行ってみたいと思います。


ベトナム料理を習う 体験談

旅人 M.Hさん(女性)
準備しておけば
よかったもの
ベトナム語の辞書・ベトナム語会話集・蚊取り線香・タオル
今まで海外に10回以上行きましたが一番心に“ビッビッ”とくる旅でした。ベトナムの人々の心に触れられたからだと思います。滞在中にはいろいろなベトナムの「顔」を見ることができました。一般的なパックツアーではなく、このようなホームステイプログラムならではだと思います。
ベトナムの人たちは本当に優しい・・・ ホストと過ごしたり、街を散策するなかで、日本と似ているなぁ〜と感じることが多く嬉しくもなりました。ベトナムは「戦い」を経験し、そのイデオロギーが人の心のなかにいきているなぁ〜とも感じます。日本人もしっかりしなくちゃ!


韓国料理を習う 体験談

旅人 N.Hさん(女性)
準備しておけば
よかったもの
エプロン・日本の食材・お土産・自分の写真・日記帳
もともと会社が韓国企業と取り引きがあり、以前からの思いもあり韓国へのほームステイを決意しました。 不安もありましたが、担当の方方の説明どおり、ホストファミリーはとても親切で 射撃場やカラオケに連れて行ってくれたり、チマチョゴリも試着させてもらいました。 ホームステイ先はソウルの中心地から離れていて日本人はもちろん、外国人がいないという環境。 本当の韓国の生活を体験できたと思っています。 言葉にはやはり問題があって、もっとハングル語を勉強しておけばよかったなぁ〜と思いました。 指さし会話帳があれば、もっと会話を楽しめていたのではないかと思います。 うまく表現できないですが、一番近い国は、似ているところも異なるところも全部が興味深い国でした。


タイ式マッサージを習う 体験談

旅人 A.Aさん(女性)
準備しておけば
よかったもの
とくにありません(物価も安いので現地で購入するのもいいと思います)
今回、ひとり旅をすることも、マッサージすることも初めてでした。ましてや英語圏ではないし・・・ 不安はたくさんあったのですが、本当に行ってよかったと思います。マッサージの先生と食べた屋台の味は、今でも忘れられないくらいおいしかったです。
夕食などもひとりでしたが、レストランの人はみんなフレンドリーで、入れ代わり立ち代わりそばに来ては、つたない英語で話しかけてくれました。タイ人は一見近寄りがたそうに思えたのですが、少し話してみるとフレンドリーで親切でした。それと、物価の安さには驚きです! だいたい日本の1/3程度の価格で購入することができます。


バリ式エステを習う 体験談

旅人 K.Yさん(女性)
準備しておけば
よかったもの
インドネシア語会話集
2度目の海外、初のバリ、ひとり、言葉などよく考えてみると結構心配はあったのですが、勢いで出発を決めてしまいました。
バリエステのレッスンは思っていた以上にハード! 手順などをなかなか覚えられず、一生懸命教えてくれるんですが「申し訳ないっ!」といことをうまく伝えられず・・・ 悔しいから・・・ 情けないから・・・ 泣けたこともありました。でもバリエステも、バリも、バリの人たちも最高でした。普通の観光で行っていたら、こんな経験は絶対できなかったと思います。来年はもっと長く行きたいです。


タイ・プライポーンパーン村で暮らす 体験談

旅人 U.Aさん(女性)
準備しておけば
よかったもの
辞書・自分の写真(ホストファミリーが欲しがったので)・サンダル・水着(川で泳ぐので)
パンフレットの通りすごい自然が豊かだった。晴れた夜は本当に星がきれい! 手漕ぎボートに乗ってホタルを見に連れ行ってもらいました。日本ではあんなにたくさんのホタルを見ることはできないだろうな〜と思いました。
私はタイ語はもちろん、英語も少ししか話せません。ホストファミリーはそんな私にとても親切で、笑顔で対応してくれました。言葉が通じなくても心が通じている気持ち。ホームステイ中、私は家族の一員になったような気がします。タイの田舎でのホームステイだったので、都会では味わえない、本当のタイの生活を体験したと思っています。


タイでタイ語・英語を学ぶ 体験談

旅人 Y.Jさん(女性)
準備しておけば
よかったもの
長袖シャツ
タイに1カ月間ホームステイができて、本当にすばらしい体験ができました。それは、ホストファミリーの皆さんが、私を温かく迎えてくれたからです。毎日毎日楽しくて、いろいろな発見があった夢のような日々でした。
タイの家族はとても優しく、いつも私のことを気にかけてくれました。夕食は必ず一緒に食べてくれたり、一度も寂しい思いをすることはありませんでした。6歳の男の子と毎日遊んでいたことが一番の思い出です。私はタイを前より好きになりました。1カ月は短かったです・・・


インド・マザーテレサ施設で働く 体験談

旅人 O.Tさん(男性)
準備しておけば
よかったもの
消毒液・ばんそうこう・蚊取り線香・半ズボン・日本の食べ物
短期間ですが有意義な旅でした。インドは「なんでもあり」の国なので日本と比較せず、すべてを受け入れて楽しむのがいいと思います。先入観や偏見に身を固めると得られるものも得られなくなってしまいます。ただ売り子や物乞いにはつきまとわれたりして疲れました。
私は「死を待つ人の家」を中心に医療活動のお手伝いができましたが、医療活動ができなくても彼らを励ましたり、楽しませたり、居心地よくしてあげたりすることでボランティア活動に十分貢献できると思います。
ボランティアとは、考えていたほど難しいものではなく、自分の幸せを少しおすそわけすることなのかなと思いました。マザーテレサ曰く、自分の家族、友人、隣の人に“やさしくする気持ちを忘れずに”ということなのかなぁと感じました。


タイ・ワット・サケーオ孤児院で働く 体験談

旅人 A.Kさん(女性)
準備しておけば
よかったもの
使い捨てのカメラ・ポケットティッシュ・折り紙・辞書・日焼け止め・サンダル・浴衣
私は初めての海外旅行でした。しかもひとりで不安はいろいろとありました。でも現地へ到着すれば、タイ語はわからなかったけれど、その人の雰囲気やその場の状況で、十分に意思の疎通ができました。ひとりでいるのは寝るときぐらい! いつも誰かのそばで話などをしていたように思います。
ホームステイ後バンコクに宿泊する予定でしたが、どうしてもファミリーと離れられず、ホームステイを延ばしてもらいました。先日、手紙を送ったんです。あのホストファミリーとは、これからもずっと交流を続けていこうと思っています。


バリ島・日本語教師アシスタント 体験談

旅人 I.Mさん(女性)
準備しておけば
よかったもの
カルタ・紙粘土・模造紙(授業するうえでの準備物)
生徒さんはすごく日本語を覚えたいという意欲があり、みんな真剣に取り組んでくれました。「ここで10分休憩!」と言っても、まだじっーと自分が書いた日本語練習帳を眺めていたリするんです。
困ったことは、生徒さんのレベルがバラバラなこと。理解している子には、そんなことわかっているよ! という顔されちゃうし、わからない子は真剣で、そんな余裕なんてありません。でも3日間じゃ足りなすぎでしたけれど、楽しく、充実した体験をすることができました。
Copyright(c) 2012 Frosch. Co., Ltd. All Rights Reserved